国際文化理容美容専門学校・美容学校・美容専門学校

  • カットもしたいけれど、エステやメイク、ネイル、着付もできるようになりたい! だから国際文化に決めました。美にかかわるすべての授業が組まれているので、その中から頑張りたいと思う技術や、好きなことがわかってきます。すべての技術をやってみて、本当にやりたい仕事を見つけられると思いました。
  • オープンキャンパスに来た時に、先輩方が礼儀正しく、夢に向かってキラキラしているのを見て「この学校いいな」と直感しました。先生方は、朝も放課後も練習を見てくださり、挨拶やマナーなど、技術以外にも大切なことを教わりました。温かく見守ってくださるので、好きなこと、やりたいこと、何でも挑戦できます。
  • 体験入学に来て、いろいろ教えてもらううちに先生方の熱意が伝わってきて、ここならビシバシ指導してくれると思いました。入学してみると、理容科は人数が少ないこともありクラスの仲も良く、クラス全体が目標に向かって頑張ることができる環境でした。もっと努力して、先生方のような技術者になりたいです。
  • 美容師として働く母の姿に「かっこいいなあ」と憧れ、私も美容師を目指すようになりました。国際文化では、母も尊敬しているという業界トップの先生方による特別授業があるのも入学の決め手になりました。そして、美容を学ぶうちに、母の「かっこいい」姿は、努力と練習と経験が積み上げた結果なんだということも知りました。
  • 入学前は着付のことは考えていませんでしたが、授業で着付を学ぶうちに興味が湧いてきて、課外授業の振袖科と帯結び科を受講しました。振袖にはたくさんの種類の帯結びがあり、とても可愛いです。はじめは着付けるだけでも大変でしたが、練習の甲斐あって、今では手早く帯結びまで終えることができるようになりました。
ページのトップへ