国際文化理容美容専門学校
渋谷校/国分寺校
厚生労働大臣指定

BLOG

MONTHRY ARCHIVE
  • 14.09.04
  • いとをかし

_MG_2213.JPG

 夏の喧騒が去り、9月になりました。連日、最高気温が40℃に迫る酷暑が続いた日々も30℃を下回る日が出現し、季節は確実に移ろっているようであります。

 9月は、秋祭りシーズンの前なのに“祭のあと”的なもの悲しさがつきまとう月でありまして、人が感傷的になる月(意見には個人差があります)。“夏至”以来、徐々に“長さ”を増してきた“夜”が感覚として劇的に長くなった、つまり“暮れる”のが早くなったと感じ始める月が9月なのでありましょう。

 そんな“感傷の9月”に差し掛かる1週間ほど前、“夏の有終”を飾るようなイベントが開催され、国際文化を代表した学生たちが参加しておりました。

_MG_1422.JPG

 イベントは『第11回全国理美容学校kawaii選手権大会』。この『一般財団法人日本メイクアップ連盟』(代表理事:トニータナ力)が主催する大会、昨年まで“全国美容学校メイクアップ選手権”と呼ばれていたもので、それまで“メイクアップ”に特化して行われてきた大会に“ヘアスタイル”や“ファッション”が加わり、より“トータルコーディネイト”を重視した競技会に変貌を遂げたようであります。加えて、仕上げる作品の“方向”として、今や“世界共通語”となった感もある“kawaii”(かわいい)を打ち出し、理美容学校生の“感性”を世にアピールする、という寸法。

_MG_1550.JPG

 また、今回は日本政府の“イメージ戦略”である『クールジャパン』の一翼を担う“kawaii”がテーマということもあり、同コンテスト上位入賞者5名の作品を『東京kawaii大使』として世界のさまざまなイベントに参加させて『クールジャパン』をアピールしていくという計画もあり、文部科学省や経済産業省も強力なバックアップ体勢を敷いているのだそうであります。

_MG_2758.JPG

 さて、そんなワールドワイドな展開を孕んだ今大会のテーマ“kawaii”なのでありますが、今や本来の意味である“かわいい”とか“可愛らしい”から広がって“カッコイイ”とか“趣がある”といった意味をも含有する“コトバ”となったわけでありますが、考えてみれば過去に同じ意味合いで使われていた“コトバ”があった・・・と思い至ったのであります。

IMG_0995.JPG

 その“コトバ”、学生時代、ワタクシを苦しめた“古典”という授業にやたら頻繁に登場した“いとをかし”というコトバなのでありますが、ワタクシの記憶が確かならばこのコトバ、平安時代に『枕草子』を著した清少納言さんが“美しいもの”を見て感動した際にやたら連呼していて、どうもその使い方の感覚が“kawaii”と同じなんじゃないか・・・と思った次第。

_MG_1738.JPG

 1000年経って世は“平安”から“平成”へと移り変わり、“いとをかし”は“kawaii”へと姿を変えて再生を果たしたのでありましょうか。

SNS Share
       
MONTHRY ARCHIVE
  • 募集要項
  • お問合せください
  • 国際文化学園事業部
  • THE BARBER
Twitter
Instagram
Other SNS
  • Facebook 渋谷校
  • Facebook 国分寺校
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube