国際文化理容美容専門学校
渋谷校/国分寺校
厚生労働大臣指定

BLOG

MONTHRY ARCHIVE
  • 15.11.09
  • 武市昌子杯 振袖・留袖・花嫁着付技術選手権

 11月24日火曜日、東京・渋谷のセルリアンタワー東急ホテルにおいて「第12回武市昌子杯 振袖・留袖・花嫁着付技術選手権」が開催されます(主催=武市昌子杯実行委員会 後援=国際文化学園 国際文化理容美容専門学校渋谷校/国分寺校)。

 このコンテストの大きな特徴は、モデルさんと衣裳を主催者側でご用意し、抽選で選手に割り振るというところです。つまり、当日会場に来るまでは、どんなモデルさんと衣裳なのか、選手には分らないということです。この方式を採用した理由は二つあります。

 一つは、美容室や結婚式場など実際の現場では、お客様が来店して初めて、その方がどういう雰囲気のお客様でどういう衣裳をお持ちなのかが分るからです。このコンテストには、できるだけ実際の営業に即して行いたいという趣旨があります。

 そしてもう一つは、審査を公正平等に行うためです。モデルさんや衣裳によって勝敗が左右されずに、純粋に、技術とマナーを競うことができるようにというものです。

 

武市.jpg

 

 このコラムでは、このところ「kawaii」、「コスプレ」といった、世界で人気を集める日本のコンテンツについて取り上げてきました。世界の人たちに興味を持たれる「日本発」のものはまだまだたくさんあると思いますが、昔からある「日本発」といえば、何といっても「着物」です。能狂言、歌舞伎、文楽、お茶、お花、空手、柔道、すべてに共通するのは「着物を着る」ことです。着物抜きにして、本当の意味での日本を理解することも、外国人に説明することも非常にむずかしいことだと思います。

 それにしても、そんなに大切な着物を、日本人は実にあっけなく捨ててしまった・・・というと少々悲観的過ぎるでしょうか。日本を好きだというのなら、日本のことをもっと知ってもらいたいと思うのなら、もう少し日本人自身が着物を大事にするべきではないでしょうか。

 武市昌子杯は、美容師さん、着付師さんなど、現場で頑張る人たちの一助になればとスタートしたものではありますが、ほんの少しでも日本の文化の支えになるのであれば、こんなにうれしいことはありません。(S)

国際文化学園FaceBook 〈11月2日〜6日〉を再構成したものです)

 

 

SNS Share
       
MONTHRY ARCHIVE
  • 募集要項
  • お問合せください
  • 国際文化学園事業部
  • THE BARBER
Twitter
Instagram
Other SNS
  • Facebook 渋谷校
  • Facebook 国分寺校
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube