国際文化理容美容専門学校
渋谷校/国分寺校
厚生労働大臣指定

BLOG

MONTHRY ARCHIVE
  • 14.08.20
  • Public Relations

_MG_9528.JPG

 8月もお盆を過ぎ、巷は長期休暇も明けて“いつも”の生活に戻ったようであります。が、今夏は災害が相次ぎ、“もとの生活”に戻れなくなった方々も多く、お見舞いの言葉も見つからないほどであります。

 さて、国際文化は今週の金曜日に“始業式”を迎え、いよいよ来週より2学期の授業が再開されます。長かった“夏休み”、学生はいったいどんな時間を過ごしたのでありましょうか。

_MG_9521.JPG

 少し前になりますが、学校が1学期の“終業式”を終えて“夏休み”に入った1週間後、学生が東京・立川市のJR立川駅にほど近い『立川ロフト』で“ネイルケア”のボランティアをしている、というのでパチリしに行ってまいりました。

 会場は、2F“美容・健康雑貨、トラベル用品”のフロアで、“長テーブル”を二脚置いただけの“こぢんまり”としたスペース。これから“ネイルケア”や“ネイルアート”を本格的に嗜好していこうかという年代の女性を相手に、学生たちは丁寧な“ネイルケア”を施しておりました。

_MG_9527.JPG

 客層が学生と同年代ということもあってか、施術中の雰囲気はとても和やかで、まるで“友だち”にしてあげているような“和気あいあい”とした空気が、会場に漂っているようでありました。

_MG_9509.JPG

 学生の“休み”の過ごし方はさまざまなのでありましょうが、その期間にした“体験”が後の人生にどう影響するものかは、まさに“神のみぞ知る”ところなのでありましょうから、人はいろいろな“経験”をして、未来に用意されるハズの“道”の本数を増しておくのも、また一つの“道”なのではないかしらん、と思った次第。

_MG_9495.JPG

 因みにこうした活動、これから本格的にさまざまな“美容技術”の提供を嗜好していく若い年齢層に向けた“宣伝” という、ある意味美容業界の“広報活動=PR”といった側面も担っているのかもしれません。

SNS Share
       
MONTHRY ARCHIVE
  • 募集要項
  • お問合せください
  • 国際文化学園事業部
  • THE BARBER
Twitter
Instagram
Other SNS
  • Facebook 渋谷校
  • Facebook 国分寺校
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube